開拓使 略年表

○1868(慶応4)
・4.12・・新政府(朝廷)は、箱館裁判所設置(旧幕府の箱館奉行所を引き継いだ蝦夷地統治の機関)。仁和寺宮嘉(よし)彰(あきら)(議定兼軍防事務局督)を箱館裁判所総督、清水谷公考(きんなる)(侍従)・土井利(とし)恒(つね)(大野藩主)を副総督とし蝦夷地開拓の兼知を命じる。仁和寺宮嘉(よし)彰(あきら)は、辞退する。
*「裁判所」・・旧幕府の遠国奉行、軍代がおかれていた重要地域に、新政府(朝廷)が置いた行政機関
・閏4.5・・箱館裁判所副総督清水谷公考(きんなる)を同総督に任命。新たに、判事、権判事も任命。
・閏4.21・・新政府、「裁判所」を「府」、「県」に改編。「箱館裁判所」は「箱館府」と改称、清水谷公考(きんなる)が府知事に任命された。この日、清水谷公考(きんなる)は、江差に到着(閏4.14、京都出発)
・閏4.26・・清水谷公考(きんなる)、箱館着。翌27日、旧幕府箱館奉行杉浦勝(かつ)誠(のぶ)より事務を引き継ぐ。
・5.1・・清水谷公考(きんなる)、「箱館裁判所」を五稜郭に開く。(中央での「裁判所」廃止後に現地で「裁判所」が新設されたことになる。
・7.17・・箱館府、「裁判所」を「府」と改称した旨を管内に告示。
・8.1・・箱館府、「裁判所」を「府」と改称した旨を蝦夷地に告布達。

○1868(明治元)
・9.8・・慶応4年を明治元年と改める。
・10.20・・榎本武揚率いる旧幕軍、鷲ノ木に上陸。
・10.25・・清水谷公考(きんなる)知事、箱館を退去、青森に向かう。
・12・15・・旧幕軍、全島平定を在箱各国領事に告げる。榎本武揚が総裁になる。

○1869(明治2)
・4.9・・政府軍、乙部に上陸。
・5.11・・政府軍、陸海より箱館に進撃
・5.18・・榎本武揚以下、政府軍に降伏
・6.4・・鍋島直正(中納言・議定・上局議長)に蝦夷開拓督務の兼務を命じる。
・6.24・・第19代松前藩主・松前兼広は版籍奉還を願い出て許され、館藩知事となる。
・7.8・・開拓使を設置(樺太開拓使がおかれた1870年=明治3=2月13日から、1871年=明治4=8月7日までは、「北海道開拓使」と称した)。使員詰所(開拓使庁)を民部省中に置く。
・7.13・・蝦夷開拓督務鍋島直正を開拓使長官に任命(諸省卿と同等)
・7.17・・「箱館府」を廃止し、「箱館県」とする。(わずか7日間で廃止)
・7.22・・島義勇、開拓使判官に任命。
・7.24・・「箱館県」を廃止 清水谷公考(きんなる)、開拓次官になる。
・7.25・・岩村通敏、岡本監(けん)輔(すけ)、開拓使判官に任命。
・8.2・・松浦武四郎、開拓使判官に任命。
・8.15・・蝦夷地を「北海道」と改称し、11国86郡を画定。
・8・18・・松本十郎、開拓判官に任命。
・8.25・・東久世道禧(みちよし)(ミチトミとも)、開拓長官に任命。
・8.29・・杉浦誠(元箱館奉行・勝(かつ)誠(のぶ))開拓判官に任命。
・8.-・・「北蝦夷地」を「樺太」と改称。
・8.-・・民部省内におく開拓使庁を、太政官中に移す。
・8.-・・武田信(のぶ)順(より)、開拓判官に任命。
・9.13・・清水谷公考(きんなる)、開拓次官を辞任。
・9.30・・旧「箱館裁判所」を「開拓使出張所」と改称して開庁。
・9.30・・「箱館」を改めて「函館」とする。
・10.12・・島義勇、銭函に「開拓使仮役所」を設置。
・10.-・・判官松本十郎、根室に根室開拓使出張所を開設。1870(明治3)6月、東京府に移管、10月に開拓使の所管に復帰。
・10.-・・判官武田信順、宗谷に宗谷開拓使出張所を開設。1870(明治3)1月廃止。

○1870(明治3)
・2.13・・樺太開拓使をおく。
・4.-・・判官岩村道俊、銭函仮役所を小樽に移し、「小樽仮役所」と改称。
・5.9・・黒田清隆を開拓次官に任命、樺太専務を命じる。
・6.-・・樺太開拓使仮詰所を東京・北八丁堀におく。
・8.13・・黒田次官、樺太出張を命じられ、品川を出発。(同年10月20日帰京)
・閏10.9・・在京の開拓使庁を廃止。
・閏10.10・・「開拓使東京出張所」と改称、蛎(かき)殻(がら)町の北海道物産会所に移転。(その後、小網町稲荷(とうかん)堀(ぼり)に移転)
・閏10.-・・東京・北八丁堀にある「樺太開拓使仮詰所」を「樺太開拓使出張所」と改称。

○1871(明治4)
・4.-・・札幌に開拓使仮庁舎竣工
・4.24・・東久世長官、函館より札幌へ移転。
・5.-・・札幌に「開拓使庁」を置き、函館、根室の「開拓使出張所」を、それぞれ「函館出張開拓使庁」「根室出張開拓使庁」と改称。
・7.14・・廃藩置県につき、館藩を廃して館県となる(管轄地は、爾志郡、檜山郡、津軽郡、福島郡の4郡)
・7.-・・東京北八丁堀にある「樺太開拓使出張所」を「北海道開拓使東京出張所」に併する。
・8.8・・樺太開拓使を廃止。北海道開拓使に合併。
・8.27・・東京開拓使出張所、小網町稲荷(とうかん)堀(ぼり)より、芝増上寺本坊に移転。(後、同山内方丈跡へ)
・9.9・・館県、弘前県に併合される。(9.23に、青森県と改称、明治5年9月20日、開拓使に移す。
・10.15・・東久世長官、侍従長に移る。(1874=明治7=8.2、黒田清隆が長官に任命されるまで、開拓使長官は、空席)

○1872年(明治5)
・9.14・・札幌に「開拓使本庁」、函館・根室・宗谷・浦河・樺太に5支庁を置く。
・9.20・・東京開拓使出張所を同山内威徳院へ移転。
・11.9「明治五年十二月三日を以って、明治六年一月一日とする」という太政官布告。つまり、明治5年は、12月2日までしかない。

○1873年(明治6)
・11.24・・開拓使、札幌本庁舎落成。

○1874年(明治7)
・8.2・・陸軍中将兼開拓次官黒田清隆、兼任を解き、参議兼開拓長官に任ずる。

○1879年(明治12)
・1.17・・午後7時50分頃、出火。金庫、湯呑所、訴訟人控所を除きことごとく焼失。官金はすべて無事。公文、器具類も過半は搬出する。
・1・20・・旧女学校を仮本庁として事務取り扱いを開始。それからというもの庁舎が建てられないまま経過し、明治15年2月8日に開拓使の廃止を迎える。

○1882年(明治15)
・1.11・・黒田長官、開拓長官を免じ、内閣顧問に任じる。参議農商務卿西郷従(つぐ)道(みち)、開拓長官兼任とする。
・2.8・・開拓使を廃し、函館、札幌、根室の3県を置く。開拓大書記官時任為基を函館県令に、調所(ずしょ)広(ひろ)丈(たけ)、開拓少書記官湯地定基を根室県令に任ずる。

○1886年(明治19)
・1.26・・函館、札幌、根室3県を廃し、北海道庁をおく。北海道庁を札幌に、函館、根室に支庁をおく。司法大輔(だいふ)岩村道俊、北海道庁長官に任命される。