昨日、蕎麦の訪問販売が来た。で、商品名が「景光そば」。効能書きに「商品名は楠木正成公の愛刀で細身が美しい国宝備前長船小竜景光からとりました」とあった。
ネットで検索してみた。
以下は、「ヴァナディール名物帳」なるサイトから転載。

景光は備前国長船(岡山県東南部)の刀工であり、長船三代目を継いだ名手である。太刀、短刀はもとより、薙刀や剣も造る多芸な刀鍛冶であった。名作・秀作が多く、父「長光」についで作刀も多く残されている。 景光の太刀で最も傑出の一本にこの「小竜景光」がある。
 この太刀は「楠正成」の佩刀と言われているが、発見されたのが大阪の「豪農」の納屋であったため、本阿弥家(刀の鑑定屋)に折紙(鑑定書)をもらいに行ったが、本阿弥家はその刀を「信じ難い」として、結局折紙は出されなかった。この太刀は彫物から「小竜景光」の号があり、磨上げられたはばきから竜が覗いているようであるところから「のぞき竜景光」とも称された。
 江戸時代以前の所在は不明であったが、幕末の試切家山田浅右衛門の所有となり、明治6年(1873)4月、東京府知事大久保一翁を通じて浅右衛門が明治天皇に献上した。
 鎬造、庵棟、腰反り高く中鋒の太刀である。茎は磨上、先栗尻、鑢目勝手下り、目釘孔三つ。鍛は小板目肌最もよくつみ、乱れ映り見事に立つ。刃文は小丁子刃、小互の目まじり、足・葉逆がかってしきりに入り、匂口締まる。帽子刃は湾れて小丸。彫物は表棒樋中に倶利伽羅竜の浮彫、裏棒樋中に梵字の浮彫。刃の長さ74.0センチ、反り2.9センチ、元幅2.9センチ、先幅2.1センチ、鋒の長さ4.5センチ。 東京国立博物館所蔵 国宝 太刀