(98-1)「又(また)の日(ひ)」・・次の日。翌日。一般には「別の日。後日」の意が多いが、ここは、翌日の意。

(98-1)「何国(いづく)」・・異本は、ひらかなで「いづく」としている。

(98-2)「辰巳風(たつみ・たつみかぜ・たつみのかぜ)」・・東南の方角から吹いてくる強風。「辰巳風」と書いて、たんに「たつみ」「たづみ」という地方がある。なお、余談だが、「辰巳風」を「とつみふう」と読めば、江戸深川の遊里の気風や風俗。意気と張りを特色とした。また、語源説に、「

日の立ちのぼり見ゆの転略〔国語蟹心鈔〕」がある。

(98-23)「磁石を立(たて)」・・ここの「立(たて)る」は、使ったり仕事をしたりするのに十分な働きをさせること。「磁石を使い」の意。

(98-3)「申酉(さるとり)」・・西南西。

(98-3)「夜(よる)の戌(いぬ)の時」・・午後8時頃。

(98-4)「はて(果)」・・いちばんはしの所。

(98-8)「羆(ひぐま)」・・ひぐま。ジャパンナレッジ版『日本国語大辞典』の語誌に

 <「二十巻本和名抄‐一八」に「羆 爾雅集注云羆〈音碑 和名之久万〉」とあるように、古くはシクマ(シグマ)と呼ばれていた。ヒグマの語形は近代以降多く見られるようになるが、「言海」(一八八九〜九一)は、ヒグマとシグマの両方を見出し語にあげ、ヒグマの項で「しぐまノ誤」と述べており、シグマを正しい語形としている。その後も同様の辞書が多く見られ、明治中期以降も、シグマを正しいとする規範意識があったことがうかがわれる。ヒグマが一般化したのは大正期か。>とある。

 また、『新漢語林』の「羆」の項には、<「しぐま」と、よむのは字形による>とある。

 <漢字の話>

「熊」:「火」部。「火」が脚(あし・漢字の下部)になるときは、「灬」の形をとり、「連火(れんか)」あるいは「列火(れっか)」と呼ぶ。

「羆」:「罒(よこめ・あみがしら・よんかしら)」部。

(98-8)「やらん」・・~であろうか。疑いをもった推量を表す。「にやあらむ」の転。断定の助動詞「なり」の連用形「に」+係助詞「や」+ラ変動詞「あり」の未然形「あら」+推量の助動詞「む」の連体形「む」。

(98-89)「いくらともなく」・・数多く。

(98-11)「ひまなく」・・隙(ひま)なく。休みなく。「隙(ひま)」は、連続して行なわれる動作のあいま。間断。

(98-11)「東風(こち・ひがしかぜ・こちかぜ・あゆ・あゆのかぜ)」・・東の方から吹いて来る風。特に、春に吹く東の風をいう。

(99-1)「夜」<見せ消ち>・・影印は、「今」の左に、カタカナの「ヒ」に似た記号がある。これを「見せ消ち」記号という。「今」を訂正して、「夜」とした。

(99-23)「焚けるに、今宵は羆のうれひもなかりける・・通常の文は、終止形で結ぶ。ところが、係助詞「ぞ」を用いると、その文末は連体形で結ぶ。ここは、「けり」の連体形「ける」で結んでいる。

(99-3)「辰時(たつどき)」・・午前8時ころ。

(99-4)「かねて」・・以前から。

(99-4)「任(まか)せ」・・随って。

(99-5)「高山(こうざん)あり」・・エトロフ島北部にあるラッキベツ山(1206メートル)か。

(99-5)「大成滝(だいなるたき)おちる」・・エトロフ島北部のラッキベツ岬北の断崖絶壁にあるラッキベツ滝。高さは140メートル。テキストには「三十間」とあるが、その3倍ある。嘉永2年(1849)、千島に渡った松浦武四郎は、『三航蝦夷日記』の「ラッキベツ」という小項目のなかで、「其間は、皆峨峨たる岸壁にして船を寄する処無、実に恐敷海岸なり。其落る滝高サ五丈仭と云えども、先三十丈と見ゆる也。幅は先五丈位も有る様に思わる。一道の白絹岩端に掛けたる風景、実に目覚ましき光景なり。然れ共我等も岸を隔つこと廿三、四丁にて眺望至す故に、委敷は見取がたし。然れ共其形本邦にては、紀州郡那智山の滝よりも一等大なり」と記している。

(99-67)「岩ほ」・・巌(いわお)。旧仮名遣いは、「いはほ」で、発音は「イワオ」。語源説に、「イハホ(石秀)の略言」がある。

(99-8)「熊野なちの山の滝」・・熊野那智山の大滝。落差は、133メートルだから、ラッキベツ滝の方が、直瀑(ちょくばく。水の落ち口から、岩壁を離れ、また岩壁に沿ってほぼ垂直に落下する滝)としては、大きい。エトロフが日本に返還されると、ラッキベツ滝が日本一となる。

(99-9)「ふねを乗(のる)」・・船をすすめる。「乗る」は、乗物などをあやつって進ませる。走らせる。操縦する。「のりまわす」「のりこなす」などの形で用いられることが多い。

(99-9)「となり」・・格助詞「と」に断定の助動詞「なり」の付いたもの。…というのである。…ということである。

(99-10)「きつらん」・・来つらん。来ただろうか。カ変動詞「来(く)」の連用形「()」+完了の助動詞「つ」の終止形「」+推量の助動詞「らん(む)」の終止形「らん」。

(99-1)「思(おもい)しかども」・・思ったのだけれども。動詞「思う(ふ)」の連用形「思い(ひ)」+過去の助動詞「き」の已然形「しか」+逆接確定条件の接続助詞「ども」。

(100-1)「出(いで)こん」・・出てくるだろう。下2動詞「出(い)づ」の連用形「出(い)で」+カ変動詞「来(く)」の未然形「」+推量の助動詞「ん(む)」の連体形「ん(む)

(100-1)「あらん」・・あるだろう。ラ変動詞「有(あ)り」の未然形「あら」+推量の助動詞「ん(む)」の連体形「ん(む)」。

(100-3)「はな」・・端(はな)。突き出た所。岬や岩壁の先。

(100-8)「いざ給(たま)へ」・・さあ、おいでなさい。「たまえ」は尊敬の意を表わす補助動詞「たまう(給)」の命令形で、上に来るはずの「行く」「来る」の意を表わす動詞を略したもの。さあ、おいでなさい。場面によって、私といっしょに行きましょうの意にも、私の所へいらっしゃいの意にもなる。中古以降、親しい間柄、気楽な相手への誘いかけとして、よく用いられている。

「御(み)いとまなくとも、かの主(ぬし)は出で立ち給なん。いざたまへ、桂(かつら)へ」(『宇津保物語』)

いざ給へかし、内裏(うち)へ、といふ」(『枕草紙』)

「萩、すすきの生ひ残りたる所へ、手を取りて、いざ給へ、とて引き入れつ」(『宇治拾遺物語』)

(100-9)「云(いう)には」・・言ったので。「には」は、格助詞「に」に係助詞「は」の付いたもの。場所・時・対象・比較の基準など、格助詞「に」の意味を強調または取りたてて示す。

(100-11)「異人(いじん)計(ばかり)」・・異人だけ。影印の「異」は、異体字。「ばかり」は、体言・活用語の連体形を受け、限定の意を表わす。ほんの…だけ。…だけ。

(100-11)「頓(やが)て」・・すぐさま。ただちに。「名を聞くより、やがて面影はおしはからるるここちするを」(『徒然草』)

*<漢字の話>「頓」の和訓

  ①「頓(とみ)に」・・突然に、急に。〔1221頃〕八・三「倉のすみになげ置きて、とみに物も入れざりければ(『宇治拾遺物語』)

  ②「頓(ひたす)ら」・・もっぱら集中するさま。「一向」「只管」とも書く。

  ③「頓(ひたぶ)る」・・一途なさま。

(101-2)「景色(きしょく)」・・顔面にあらわれた表情。顔色。

 <語誌>「気色」は、呉音「けしき」と、漢音「きしょく」及びその直音化の「きそく」の三とおりの読みがなされる。「きそく」は平安末期以降用いられ、さらにやや遅れて「きしょく」が中世以降盛んに使用されたが、「きしょく」の多用に伴い、「きそく」は徐々に用いられなくなっていった。中世以降、の用法で「けしき」と「きしょく」(「きそく」は「きしょく」よりさらに意味が限定される)が併用されるが、「けしき」は中古の仮名文学に多用されたため、和語のように意識され、外面から観察される心の様子について用いられる傾向があるのに対し、「きしょく」は漢語的な性質をもち、人の内面の状態そのものを表わすことが多いというおおよその違いがある。

(101-2)「長張」・・「長」は、「尾」のあやまりか。

(101-3)「詞にや心得たりけん」・・言葉でわかったのだろうか。「にや」は、格助詞「に」に疑問の係助詞「や」の付いたもの)場所・時などに関して、疑問または反語の意を表わす。~のだろうか。

(101-5)「シヒトロ」・・蘂取(しべとろ)。エトロフ島東部、エトロフ海峡に面している。

(101-5)「とぞ」・・(格助詞「と」に係助詞「ぞ」の付いたもの。文末にあって「言へる」などの結びは失われて)一般的な解説または伝聞の意を表わす。…というわけである。…ということである。

(101-6)「調役下役(しらべやくしたやく)」・・松前奉行(文化4=18071024日、奉行所を箱館から福山に移し、箱館奉行は、松前奉行と改称した)の役職名。

(101-6)「村上貞助(むらかみていすけ)」・・松前奉行の役人。当時、エトロフ詰合。貞助は、文化8(1811)、松前奉行の命を受け、福山に幽閉中のゴローニンからロシア語を学んでいる。その後、貞助は、ロシア語の通訳として、日ロ交渉で活躍している。また、村上島之丞の養子にもなっており、秦貞廉の筆名で、友人の間宮林蔵が口述した「東韃紀行」を編纂している。

(101-8)「折々(おりおり)」・・次第次第。段々。

(101-8)「給(たべ)」・・下二活用「給(た)ぶ」の未然形。「飲む」「食う」の謙譲語、また、丁寧語。

(101-8)「ことごとく」・・「こと」は、「こ」と「と」のひらがな合字

(101-8)「封印(ふういん)」・・物が勝手に開かれたり、取り扱われたりするのを禁ずるために、封じ目におした印章。

(101-9)「つばら」・・つぶら。くわしいさま。十分なさま。つばらつばら。つまびらか。つばらか。

(101-9)「一(ひと)わたり」・・ひと通り。いちおう。

(101-10)「湯あみ」・・湯浴。お湯に入って温め、また洗うこと。入浴。

(101-10)「月代(さかやき)」・・近世、露頭が日常の風となった成人男子が、額から頭上にかけて髪を剃(そ)ること。また、その部分の称。語源には、「昔、冠を着けるときに、前額部の髪を月形に剃ったところから」など諸説がある。

 *「月代」を「さかやき」と訓じるのは、当て字。

 *下は、江戸中期のなぞなぞ本『背紐(うしろひも)』(早稲田大学図書館蔵)

①「月豆」=盃。「月代(さかやき)」の「さか」+「小豆(あずき)」の「ずき」

②「海里十納年」=「あてじなぞ」。海女(あまの「あ」)+万里小路(までのこうじの「て」)+三十(みぞじの「じ」)+納豆(なっとうの「な」)+去年(こぞの「ぞ」)

(101-11)「ものゝけ」・・物怪、物気。人にとりついて悩まし、病気にしたり死にいたらせたりするとされる死霊・生霊・妖怪の類。また、それらがとりついて祟ること。邪気。

(101-11)「ねぶく」・・寝むく。形容詞「寝(ね)ぶし」の連用形。

(101-11)「弁(わきま)へ」・・分別。

(102-2)「さる事」・・(以前のある事実をさして)そのようなこと。そのような事柄。そんなこと。なりたちは、連体詞「然(さ)る」+名詞「事」。

(102-6)「ぞや」・・(係助詞「ぞ」に間投助詞「や」が重なったもの。「ぞ」の用法に従って文中用法と文末用法とがある。古くは「そや」)会話などに多く用いられ、詠嘆的強調を表わす。単独の「ぞ」よりも指定的強調がやわらげられ、「ぞよ」よりは聞き手への働きかけが弱い。

(102-7)「公(おおやけ)の役所也」・・エトロフにおける「公の役所」の変遷について述べると、

 ①寛政10(1800)5月、近藤重蔵はエトロフ島に渡海、オイトに会所を設け、漁場17ケ所(13ヶ所、23ヶ所とも)

 ②享和3(1803)、エトロフ在勤となった幕吏松田伝十郎は、会所をシャナに移した。

 ③文化4(1807)、ロシア船がナイホ、シャナに上陸し、番屋・会所を襲撃、このため会所がフウレベツに移された。

 ④文化7(1810)、幕府は、高田屋嘉兵衛にエトロフ場所を請け負わせた。

 ⑤文化8年(1811)当時、・エブリコなど。タンネモイに旅宿所が、各漁場のあるナイホ、ヲイト、ルベツ、アリモイ、シャナ、ベトブ、ヲトイマウシ、シベトロに番屋が、ヲタスツに休所が、ほかにママイ、トウロ、ベッチャキ、ビライト、シャウツケヤ、ラウシには出張漁場があり漁小屋が設けられていた(『東蝦夷地場所大概書』)。

(102-8)ひとしからずや」・・「や」は、反語の係助詞。ここでは、「等しくないだろうか。いや、等しい」

(102-8)「だに」・・副助詞。せめて…だけでも。ここは、「ぜめて松前へだけでも行けば・・」(体言または体言に準ずるもの、およびそれらに助詞の付いたもの、副詞などを受ける。)期待される最小限のものごと・状態を指示する。従って「だに」を含む句の述語は、命令・意志・願望・仮定あるいは否定・反語である事がほとんどである。

(102-9)「知れべし」・・「ぬ」は、完了の助動詞。きっと…する。ここは、「きっと知ることができる」。動作・状態の実現・発生することを確言する気持を表わす。多くの場合、下に推量の助動詞を伴う。また命令形を用いて、確実な実行を求める意を表わす。

(102-9)「去(され)ば」・・接続詞。そうであるから。そうだから。それゆえ。しかれば。

(102-10)「心をゆるし」・・油断して。「心を許す」は、心の緊張をゆるめて必要な注意を怠る。気を許す。油断する。

(102-11)「人心地(ひとごこち)」・・(気持が混乱したり困惑したりした状態に対し)平常の意識。生きた心地。正気(しょうき)。