1210)「ハツトマリ」・・満州(現ロシア沿海州地方)の海岸の集落。『幕外文書7-補遺22』(『秘書』の「北蝦夷地ホロコタンより奥地見分風説書」に同じ。)に、「満州之続き、~、爰は大陸の内」、「魯西亜人よりハツトマリと申立の由」、「通弁(清水)清三郎らは、アツサムと計り心得候哉」とあり、また、享和元年(1801)に幕吏中村小市郎が樺太調査をした時の麁絵図に「アツシヤム」の名がみえる(『秘書』注記P57-958-1参照)。これらのことから、「ハツトマリ」は、嘉永6年(1853)初頭に海軍大佐ネヴェリスコイが部下の海軍大尉ボシニャークに命じてアムール川下流地方の「デ・カストリ湾」に設けた「アレキサントロフ哨所」の場所と比定できる。

13-4)「去ル戌年」・・嘉永3年(1850)。本書が書かれた寅年(安政元年)の4年前。

134.5)「萬国地理図」・・『秘書』P44の「明清地理書」および『秘書』P35の「西洋ニテ近来彫刻仕候地図」と同じものを指すか。幕末の日本に影響を与えた「世界地理書」としては、清国人の魏源が著した「海国図志」がある。以下、大谷敏夫著『魏源と林則徐』(山川出版社 世界史リブレット人シリーズ)により、『海国図志』の概要を紹介する。

     1844年(道光24年=弘化元年)、魏源は『海国図志』50巻を完成。この書は、林則徐の『四洲志』を底本に、歴代の史志および明以来の島志、外国に関する書や新聞を加えて書いた世界地理書。

      *『四洲志』~イギリスの地理学者ヒュー・マレー(中国名:慕瑞)の『世界地理大全』や『明史』、『清史』、西洋人フェルビースト(南懐仁)の『坤輿図説』などを材料にしている歴史地理書。

     ②1847年(道光27年=弘化4年)、アメリカ人のプロテスタント宣教師ブリッ

ジマン(高理文・裨冶文)の『美理哥合省国志略』、オランダの法律学者ヴァ

ッテル(滑達爾)の『各国律例』、イギリス人のイギリス東インド会社広州駐

在の貿易監督官ディヴィス(徳庇時)の『華事夷言』、ドイツ人の伝教士チャ

ールズ・FA・ギュツラフ(郭実獵・郭士力)の『貿易通志』を用いて、増

補し、『海国図志』60巻本を完成。

     ③その後、更に、ポルトガル人のマチス(馮吉士)の『地理備考』、徐継畲(じ

ょけいよ)の『瀛環志略(えいかんしりゃく)』などを書き加えて、1852年(咸

2年=嘉永5年)に、『海国図志』100巻本を完成。

     ④日本へは、嘉永3年(1850)に、『海国図志』60巻本、3部が渡来したが、キリスト教に関する記述のため禁書になり、その後、嘉永6年(1853)、ペリーの来航に伴って、100巻本が再び輸入され、この書の研究が盛んになった。 

13-5)「満州」・・中国の東北地方を指していった旧通称。その領域はロシアとの係争地

となり、時代によって変遷がある。1858年(安政5年)までは、外満州(がい

まんしゅう)といわれる外興安嶺(スタノヴォイ山脈)以南、黒竜江(アムール

川)以北・ウスリー川以東の地域(現在のロシア連邦の沿海地方、アムール州、

ユダヤ自冶洲、ハバロフスク州)を含んでいたが、1858年(安政5年)のアイ

グン条約、1860年(万延元年)の北京条約によって、外満州がロシアに割譲さ

れ、以後、中国東北部の「内満州」地域が単に満州と呼ばれた。

13-5)「支那」・・中国に対してかって日本が用いた呼称。中国最初の統一国家の秦(シ

ン)の音に由来するとされる。日本では江戸中期以後、第二次大戦末まで用いら

れた。

13-5)「蒙古」・・モンゴリア。内陸アジア東部のモンゴル高原、ゴビ砂漠を中心とした

地域。

13-6)「止白里」・・シベリア。ロシア語名「シベリー」。ユーラシア大陸北部、ウラル山脈から太平洋岸に至るロシア連邦領アジアの総称。ロシア全土の約57㌫を占める広大な地域。なお、シベリアの当て字に、「止白里也」「止白里亜」「止百里」「止伯里亜」「失部唎旋」「西比利亜」「西伯里亜」「西伯里」「斉百里」「叙比利亜」「悉白里亜」「細白里」「細伯里亜」「紫比利亜」などがある。(『宛字外来語辞典』柏書房)

(13-6)「彊(さかい)」・・境界。

(13-6)「コツカ」・・「オホーツク」か。アムール川が流れ注ぐオホーツク海沿岸域。現ロシア連邦ハバロフスク州のオホーツク地方。

13-6)「日本海繞(にほんかいじょう)」・・日本海の北辺部を指すか。「繞」は「めぐる。まとう。まとわりつく。」のほか、「もすそ(裳裾)=衣服の裾」の意がある。日本海の北辺部は、中国(北京)からみると、辺境で、衣服の裾部分にあたる。なお、日本海は、アジア大陸、サハリン島、日本列島に囲まれた縁海で、1815年(文化12年)ロシアの航海者クルーゼンシュテルンの作った海図で、初めて「日本海」の名が付けられた。

13-7)「シンクカレと云ル大山脈」・・興安嶺と外興安嶺。中国北東、内モンゴル自冶区と黒竜江省にかけての西の大興安嶺(ターシンアンリン)、伊勒呼里山脈、東の小興安嶺(シヤオインアンリン)からなる興安嶺とそれにつながる現在のロシア連邦シベリア南東部の外興安嶺(スタノヴォイ山脈)。なお、外興安嶺は、ロシアと清国との係争地で、1689(元禄2)のネルチンスク条約で一旦清国とロシアとの境界になったが、1858年(安政5年)のアイグン条約で、完全にロシア領になった。

13-7)「シカト云山」・・シホテ・アリニ山脈。現ロシア・ハバロフスク州と沿海州にまたがる平均標高800~1,000mの中山性の山地。日本海側とアムール川流域(オホーツク海に注ぐ。)の分水嶺になっている。日本海北西岸に沿い、北東から南西方向に続く。長さ1,200キロ、幅200~250キロ。最高峰は、北緯49度付近のトルドキ・ヤニ峰(2077m)。

13-8)「推考(すいこう)」・・道理や事情などからおしはかって考えること。

1310)「松前箱館沖」・・津軽海峡。

1310)「南蝦夷地北蝦夷地之間海」・・宗谷海峡。

13-10~14-1)「カムサスカ」・・カムチャッカ。現在のロシア連邦極東連邦管区カムチャッカ地方にある「ペトロパブロフスク・カムチャツキー」。『北槎聞略(大黒屋光太夫ロシア漂流記)』(桂川甫周著亀井高孝校訂 岩波文庫)には、「カムシヤツカ」について、「ヲホツカとアナヂルスカヤの間にさし出でたる大地なり。」とある。

14-2)「●掛(ま・がかり)」・・●は「舟扁に閒」か。船が碇泊すること。

14-2)「用弁(ようべん)」・・用便とも。用事をたすこと。

14-3)「キイヨロ」・・ナイヨロ。

14-3)「シトタラン」・・シトクラン。

14-3)「任申(もうす・に・まかせ)」・・「任申」は、返読で、「申すに任せ」。「(相手の)言うがままに」の意。

14-4)「クシンナイ」・・クシュンナイ。日本名「久春内」、「楠苗」とも。樺太西海岸のうち。樺太地名NO89.吉田東伍著『大日本地名辞書』には、「西白漘の北5里の海岸に在り、東海岸なる真縫に至る横断路の基点にして、~略~、真縫川の谷に通ず。此の間は一の地峡を成し、幅僅に7里となる。」とある。

14-4)「マカヌイ」・・マアヌイ。日本名「真縫」。樺太東海岸のうち。樺太地名NO173

     『大日本地名辞書』には、「本島の幅員最も狭き、地峡部の東側に在り、オホーツク海に濱す。西岸なる久春内との間、直距7里に過ぎず、」とある。

14-8)「イリノスロイ」・・(人名)ネヴェリスコイ。

14-9)「ヲロノフ」・・(人名)オルロフ

1410)「フースセ」・・(人名)ブッセ

1410)「コタノスケ」・・(人名)ルダノフスキー

15-1)「曾而(かって)」・・全然。少しも。下に打消しの語を伴って、強い否定を表す。

15-2.3)「不案心(ふあんしん)」・・古く「ふあんじん」とも。安心できないこと。気がかりで落ち着かないこと。

15-6)「米三千俵」・・米(玄米)1俵の量(「俵入」という。)は、江戸時代、各地、各藩ごとに一定せず、天領(幕府の直轄地)の場合、関東では、3斗5升入であったが、俵入は、2升の延米を加え3斗7升が普通。越後、三河などは4斗入、尾張、摂津、肥後などは5斗入。関東の私領では、上野では4斗2升または4斗3升入、下総では3斗9升または4斗入であった。(『日史大辞典』)。一方、松前藩の蝦夷地における俵入について、田島佳也神奈川大学経済学部教授は、『近世期~明治初期、北海道・樺太・千島の海で操業した紀州漁民・商人』の著述のなかで、「蝦夷俵は、(4斗入れではなく、)最初2斗入れが寛文年間(1661~1673)に、7、8升入れになった。」、また「1857年(安政4年)、箱館奉行の一行とともに蝦夷地を査察した玉虫左太夫の『入北記』によると、苫前場所では、8升入れ米俵が、(1俵として)交易品の交換基準とされていた。」と指摘している。

15-8)「心付(こころづけ)」・・気をつけること。注意。配慮。

158.9)「無油断」・・「ゆだん・なく」

16-1)「右不申(本ノマヽ)」・・「右にもうさざる」で、「出稼ぎをしている46人ではない」ということを意味しているか。意味的にはやや不鮮明。それで、「本ノマヽ」のルビがあるのか。

16-2)「老衰(ろうすい)」・・年とって体の衰えること。老いて衰弱すること。

16-6)「山方(やまかた)」・・山のある地方。里方に対する山村、山林。

16-6)「蝦夷舩椴檜」・・「蝦夷舩」は「蝦夷松」の誤りか。「椴(とど)」は「椴松」。「檜」は、樺太に生育していたかは疑問、別種の樹木(翌檜=ヒバの類)か。

16-6)「元口(もとくち)」・・丸太材の根元に近い方の太い切口。反対語「末口」。

16-9)「自侭(じまま)・・自分の思うままにすること。思い通りにすること。また、そのさま。わがまま。気まま。身勝手。