(41-4)「引合(ひきあい)」・・かかわり合い。共犯者。

(41-4)「御仕置(おしおき)」・・処罰。処分。この語は、江戸幕府の法令整備(「公事方御定書」など)が進むなかで、権力による支配のための采配の意から刑罰とその執行の意に移行した。文化元年(1804)以降に順次編集された「御仕置例類集」は幕府の刑事判例集の集大成であるが、それに先立って「御仕置裁許帳」が幕府最初のまとまった刑事判例集として、宝永期(170411)までに成っていたとみられる。

(41-7)「及部(およべ)村」・・現松前郡松前町字朝日・字東山・字上川。近世の一時期存在した松前城下東在の村。松前湾に注ぐ河川のなかで最大の及部川の河口部と流域に位置する。同川は城下に最も近い鮭漁ができる川である。

   天明元年(1781)の松前広長「松前志」には及部村として「旧記及を覃につくれり、二村あり」とみえ、天明期までには二村に分離されたようである。なおこれ以降も下及部村を及部村と称することがあった。

(41-7)「初鱒(はつます)」・・「鱒」は、サケ目サケ科の魚類のうち「マス」と名のつく種類のものの俗称。多くはサクラマスをいうが、ベニマスとその陸封型のヒメマス、マスノスケ、ビワマス、カワマスなどの略称としても用いられる。

サケは秋に川を遡るが、サクラマスやサツキマスはその名が示す通り春~初夏に川を遡る。この遡上時期の差が本来のサケとマスの区別点となる。 サケもマスも産卵期は秋だが、春に遡上するマスは川で餌をとりながらゆっくりと上流に向うので、川で餌をとらないサケと違って身に脂がのって美味い。サクラマスやサツキマスが遡上する川では、初夏の御馳走として喜ばれる。

(41-7)「在方掛(ざいかたかか)り」・・松前藩町奉行配下の役職。

(41-8)「杦田留平」・・「杦」の字について、『新漢語林』は「国字」とし、「杉の旁の彡を書写体に従って久に改めたもの」とある。

   なお、板橋正樹著「幕末松前藩の警察下僚組織について(1)」(『松前藩と松前―松前町史研究紀要―20号』松前町史編集室刊 1958 所収)には、「杉田留兵衛」とある。

(42-1)「当賀(とうが)」・・松前藩では、表御殿での領主への拝謁が、毎月1日、15日に行われた。

(42-2)「御祝儀(ごしゅうぎ)」・・お祝いの挨拶。「しゅう」は「祝」の漢音。なお、「しゅく」は唐音。

(42-3)「野口屋又蔵」・・場所請負人。白老などを請負った。場所請負人。初代又蔵は、天明元年(1781)陸奥国北郡大畑村に生まれる。寛政年間、家兄に従い福山に来る。栖原角兵衛の店員となり、のち独立。文政10年(1827)、白老場所請負人となる。代々又蔵の名を継ぎ、屋号を(まるまた)と称し、4代まで白老の請負を継続した。なお野口屋は天保12(1841)以降シラヲイ場所の請負人を勤め、漁場経営のほか下宿所・人馬継立・書状継立・異変通報・備米管理・アイヌ介抱などの任にもあたり、明治2(1869)の場所請負制廃止や陸奥一関藩の分領支配を経たのちの同5(1873)以降も一時期白老郡漁場持となっている。

(42-4)<くずし字。「畢而(おわりて)」・・テキスト影印は「畢」の異体字。

(42-6)「蛯子七左衛門」・・箱館の町年寄。

(42-7)「伊藤清三郎」・・町年寄末席並名主締方(箱館詰)

(42-8)「和賀屋宇右衛門」・・箱館在住の場所請負人。有珠、三石、根室など

を請負った。

(43-2)「小林屋重吉」・・文政8(1825)1月箱館に生れる。幼名を庄五郎と言った。5代の祖庄兵衛は陸奥国北郡大畑村の人で、寛政年間松前に渡り、その子半次郎の時箱館に転住した。半次郎の子寅五郎は、文政年間東蝦夷地三石場所請負人となった。安政年間今の大野町に新田20町歩を開発し、また赤川にあすなろや杉を植林した。文久2(1862)私費をもって願乗寺川に鳥見橋を架け、後架け換えの時用材23石を寄附した。明治元年町年寄を命じられ、また箱館戦争で旧幕府脱走軍が港内に敷設した鋼索を自己所有の船を使用して排除した。更に箱館山裏の寒川から新政府軍を誘導して奇襲を成功させ、勝利の一端を担った。これによって後々まで官の信用を得た。またこの年、蛯子友輔が函館山の上より水道を開掘したが、資金が尽きて中止したのを自費1,600円を投じて工事を遂行し、汐見町、元町、会所町に清水を供給した。

    重吉はまた漁具、漁網改良を試み、三石郡姨布村に刻み昆布の製造所を設立し、清国(中国)への昆布輸出の基礎をつくり三石昆布として全国的に有名になった。明治14(1881)9月東川町に移転し、益々その業を盛んにした。その他学校、病院の設立、橋梁の架設、窮民の救済等枚挙にいとまがなかった。明治3643078歳で歿した。

(43-3)「林七郎兵衛」・・箱館の商人。松前藩の御雇船主。

(43-8)「若殿様、御水痘(すいとう)」・・「若殿様」は、8歳の良広(のち松前藩10代藩主)良広は、文政9(1826)523日生まれ。松前見広(ちかひろ。9代章広の次男)の子。「若殿様」とあるが、この時期、良広の父・見広はすでに他界し、祖父章広の嫡孫(承祖者)だった。祖父章広ののあと,天保5(1834)12月、9歳で松前藩主10代となる。病弱のため、同族の旗本松前広茂(ひろしげ)が藩政を担当。天保10(1839)824日死去。享年14

   「水痘」は、水痘ウイルスによって起こる感染症。みずぼうそう。

*松前藩10代松前良広を中心にして、時系列に、松前藩の系譜を見る。

章広(あきひろ)、9代藩主襲封。寛政4(1792)10月就任。

 ・寛政10(1798)、長男慶之助(よしのすけ)を嫡子とする。

  ・享和3(1803)長男慶之助、死亡。10歳。

  ・同年、次男誠之介(のち見広=ちかひろ=)を嫡子とする。

  ・文政6(1823)5月、見広に長男隆之介(のち10代良広=よしひろ=)生まれる。

  ・文政10(1827)7月、見広、死去。23歳。

  ・文政10(1827)8月、見広の次男準次郎(のち11代昌広=まさひろ=)生まれる。

  ・同年、良広、祖父章広(9代藩主)の嫡孫(承祖者)を許可される。

 ○天保3(1832)4月、テキスト・奥平勝馬の「町吟味役中日記」

    「若殿様(良広=9代章広の孫)、御水痘ニ被為在」

  ・天保4(1833)7月、9代章広死去59歳。死去の公表は、翌5(1834)9月。

  ・松前藩、対応策に奔走、同族の旗本松前広茂を藩主名代とし、許可される。

 ○良広、9歳で、10代藩主襲封。天保5(1834)12月。

  ・良広、病弱(『松前町史』には、精神病説も記載)で、将軍への家督御礼の拝謁もできなかった。藩では、新たな善後策を講じる必要を迫られ、名代広茂の在国延長を再三願い出る。

  ・天保10(1839)7月、準次郎(のち、11代昌広)、兄10代藩主良広(14)の嗣子となる。松前藩、領主権の危機を脱する。

  ・天保10(1839)8月、良広死去。14歳。

 ○昌広、13歳で、11代藩主となる。天保10(1839)10

*テキストの天保3(1832)は、松前藩にとって、嫡子(章広の長男・慶之助、次男・見

広の早逝、藩主章広の高齢化、嫡孫良広の病弱という中で、前途に暗雲が立ち込めてい

た時期であった。

*良広の病と、松前蝦夷地返還願い(『松前町史』より作成)

 天保10618日、松前家の親族である池田信濃守政善(まさよし。先祖が7代松前

藩主資広=すけひろ=のニ男。岡山新田=しんでん=藩主)、柳生但馬守俊昭(としあき

ら。先祖が6代松前藩主邦広のニ男。大和柳生藩主)、一柳土佐守末延(ひとつやなぎす

えのぶ。播磨小野藩主)が連署して、次の願書を幕府に提出した。

「良広十七、当(ま)サニ幕下ニ謁見スベシ。而シテ襲封以来病ニ嬰(かか)リ治療効ナ

 ク空ク歳月ヲ渉(わた)リ、其職ヲ奉ジテ其恩ニ報ユル能ハズ、誠ニ恐懼(きょうく)

ノ至リニ勝(まさ)ユルナラン。是ヲ以テ松前及ビ蝦夷全島ヲ官ニ収(おさ)メンコト

ヲ請(こ)フ」

 江戸の同族松前八左衛門・松前左近・松前七郎もまた上書してこれを願い出た。

 『松前町史』は、このような願書が突如として幕府に提出されたことについて、「それを

知るべき関係史料が皆無に等しいので、その真相を知ることはなかなか難しい」としてい

る。しかし、また、次の説も述べている。

当時水戸藩主の徳川斉昭が、蝦夷地開拓、北方防備の必要性を幕府に積極的に提言し、し

かも、松前藩の内情を正確につかみ、章広の死を絶好の機会に松前蝦夷地を水戸藩領とす

る目的を内に秘めながら、時の老中水野忠邦に蝦夷地開拓・防備の実行を強く迫る一方で、

郷士大内に蝦夷地調査を命じていた。

ところが、松前藩にとって幸いにも、老中水野忠邦(浜松藩主)と徳川斉昭は意見が合わ

ないうえ、水野忠邦は、斉昭の北方論の裏に水戸藩による松前蝦夷地の領有という目的が

秘められていることを見抜いていたが故に、斉昭の意見を入れなかった。

『松前町史』は、「この諸状況から、池田政善らによる異常ともいえる幕府への願書の提

出は、松前藩がこうした複雑な状況をみきわめたうえで、松前氏の領主権を守るための大

芝居でなかったかとも推察される」とし、「つまり、松前蝦夷地一円の幕府への返還願い

は、松前氏の領主権を維持するための高度な政治的戦略であった」としている。

さらに『松前町史』は、松前藩のこうした対応策は効を奏し、天保10(1839)621日、

老中脇坂安菫(やすただ。播磨竜野藩主)役宅において、松前藩の蝦夷地支配を返上する

請願を提出した池田政善ら三名に、次のような老中奉書が渡された。

 

   「                               池田信濃守

                                   柳生但馬守

                                   一柳土佐守

    松前隆之介儀、病気不相勝難治之症ニ而、御奉公被相勤候躰無之ニ付、松前

    蝦夷地一円差上度旨、一類共被相願候趣各申談、達御聴候処、松前蝦夷地草  

    創之家柄ニ付、格別之以思召養子被仰付候ニ而可御座候条、養子可相願候」

 

 こうして松前氏は、幕府より良広に養子を迎えることを許されることによって、領主権の危機を脱することができた。

 松前準次郎(昌広)は、天保10(1839)721日、兄良広の嗣子となり、同年824日良広が14歳で没したあと、1015日に家督を相続し、13歳で、第11代藩主となった。昌広は、幕府の特恩に対し、冥加として永年毎年金千両の献上願い出て、許された。

 

(43-8)「水痘(すいとう)」・・水痘ウイルスによって起こる感染症。みずぼうそう。なお、良広の病名について、『松前町史』には、精神病説も記載されている。

(43-9)「御機嫌」・・「機嫌」は、本来は仏教語で「譏嫌」と書き、譏(そし)り嫌うの意で、世間の人々が嫌うことをさしたが、のち意義が多様に分かれ、それとともに「機嫌」とも書くようになった。「嫌」の字を「げん」と読むのは呉音(ごおん)による。譏り嫌うことに気を配る必要があるところから、ことばや態度、物腰などに表れた他人の意向や思惑(おもわく)を意味するようになり、さらに転じて、ようすや形勢、あるいは気分や気持ちの意となり、他方では事のおこる時機や機会を意味するようにもなった。今日では一般的に感情や気分をいい、「御」の字を冠して、愉快な心持ち、晴れやかな気分をいうことも多い。

(44-3)「御免(ごめん)」・・「ご」は接頭語。容赦、赦免することを、その動作主を敬っていう語。もともと「許可」を意味する「免」に尊敬を表わす接頭語「御」のついた語で、鎌倉時代から使われている。その後、「御免」の下に命令形を伴って、軽いことわりや、詫びの意を表わす「ごめんあれ」「ごめんくだされ」「ごめんなされ」などの形が生じた。これが定着すると、省略形としての「ごめん」も近世中期頃から用いられるようになった。

(44-4)「申立(もうしたつ)ル」・・古文の文法でいえば、下2段活用動詞「申立(もうした)つ」の連体形。官府に願いや意見を上申する。特に、訴訟において一定の訴訟行為を求める意思表示をする。申告する。申請する。本来は、終止形で、「申立(もうした)つ」だが、「ここは、連体止めになっている。

   あるいは、現代文法の「申立(もうしたて)る」でもいいか。

(44-5)「又鋼(またぞろ)」・・副詞「。また」に「そうろう」がついた「またぞうろう」の変化したもの。類似する状態が既にあるのに、他の同様の状態が新たに存在することを、一種のあきれた気持・滑稽感を含めて表わす語。なんともう一度。こりもせずにもう一度。

(44-7)「迠(まで)」・・「迄」の誤用。(『新漢語林』)。なお、「迄」と、「迠」は別字で、読みも「迄」は、「キツ(漢音)」「コチ(呉音)」、「迠」は、「ショウ」。

 

(44-8)<くずし字>「夜」・・きまり字の書き方は、「亠(なべぶた)」の2画目を右から左に書き、1画目の「ヽ(点)」と、脚部の偏「イ」の縦棒を続けて書き、「ノ」と、旁の「夕」を「る」のように書き、最後に、右払いを書く。1画目を右から書くのがポイント。

(46-4)「侍座(じざ)」・・貴人や客など上位の人のおそばにすわること。