(59-1)「莚(むしろ)」・・藺(い)・竹・藁(わら)・蒲(がま)などで編んで作った敷物の総称。平安・鎌倉期は屋内用であったが、畳の普及後は屋外用となった。今はもっぱら藁筵(わらむしろ)をいう。

 *「莚」・・草で作ったむしろ。

  「筵」・・竹製のむしろ。

  「蓆」・・草でつくったむしろ。

  「席」・・むしろ。「筵」は下に敷くもの。「席」は、その上に敷くもの。

(59-1)「埋(うづむ・うづむる)」・・下2段「うづむ」の連体形。物の一部、または全部を土や灰の中などに入れ込んで外から見えなくする。また、埋葬する。いっぱい積み重なって下のものを覆い隠す。

 *<文法>・・平安期は、4段活用「うづむ」の連体形「うづむ」だが、室町期以降は下2段活用の連体形「うづむる」の用例が出てくる。

*「うずむ・うずめる」の基本的な意味は、「物の上に土など盛り上げて覆う」ことであり、これに対し、「うむ・うめる」のほうは「くぼみなどに物をつめてふさぐ、また、物を土などの中に入れ込む」ことである。中にある物は、「うずむ」「うむ」どちらの場合でも隠れて見えなくなるところから、同じような意味に用いられるようになったと思われる。「うずむ」・・・いっぱい積み重なって下のものを覆い隠す。

「うずめる」・・人や物で、ある場所をいっぱいにする。いっぱい積み重なって下のものを覆い隠す。

「うめる」・・あたたかさや濃さを適度にするために、他の物をまぜ入れる。損失や不足などを補う。「欠員をうめる」「赤字をうめる」

(59-2)「訴出(うったえいで」・・事情を述べ伝える。また、要求や不平、うらみなどを人に告げる。申し出る。「出(いで)」は、下2動詞「出(い)づ」の連用形。

(59-3)「勝見米三郎」・・文政期の『松前藩士名簿控』には、足軽並に勝見米三郎の名前が見える。

(59-4)「相立(あいたち)」・・「相」は接頭語。「立(たち)」は、「たつ」の連用形。時が過ぎる。現在では、「経つ」を用いることが多い。

(59-4)「着類(きるい)」・・着るもの。衣類。衣服。また、そのたぐい。「着類(きるい)」と読むのは湯桶読み。

  *湯桶読み・・(「ゆ」は「湯」を訓読みしたもの、「とう」は「桶」を音読みしたものであるところから)上の字を訓で、下の字を音で読むこと。テキストの場合、「着(き)」は訓読み、「類(るい)」は音読み。ほかに、「手本(てほん)」「身分(みぶん)」「野宿(のじゅく)」「下絵(したえ)」「夕刊(ゆうかん)」など。

  *「咄家(はなしか)と云ては湯桶訓(ユトウヨミ)だ。咄は訓なり、家は漢音だ」(滑稽本・浮世床〔1813〜23〕)

  *ジャパンナレッジ版『日本国語大辞典』の語誌には、

<「書言字考節用集」が初出とされるが、それに先行して、「文明本節用集」(室町中)には「湯桶文章」、「かた言‐五」(一六五〇)には「湯桶言葉」といった表現が見られる。元来は音訓の順番を問わず混読語の総称として用いられていた。明治時代でも大槻文彦の「言海」(一八八九)では「重箱読み」との区別がされていないが、山田美妙の「日本大辞書」(一八九二〜九三)では区別している。使い分けが定着したのは、第二次世界大戦後か。>とある。

(59-6)「吉岡村(よしおかむら)」・・現松前郡福島町字吉岡・字館崎(たてさき)・字豊浜・字美山。近世から明治39年(1906)まで存続した村。近世は東在の一村で、吉岡川の流域に位置し、北方は宮歌(みやのうた)村、東は津軽海峡。明治39年(1906)吉岡・宮歌・礼髭(れいひげ)の三村が合併、二級町村吉岡村を経て、。昭和30(1955)福島町に合併。

(59-67)「廣念庵(こうねんあん)」・・光念庵(のち海福寺)。元禄6(1693)高庵により造営。浄土宗。松前正行寺末。

(59-7)「回向(えこう)」・・読経や念仏など、善根の功徳を死者に手向けること。死者の冥福(めいふく)を祈って読経をしたり、念仏を唱えたり、供えをしたりすること。供養。たむけ。

  *「回」を「え」と読むのは、唐音の「ウイ」から転じたと思われるが、慣用音とする辞書もあり、湯桶読みともいえる。

(59-8)「正行寺(しょうぎょうじ)」・・現松前町字豊岡にある浄土宗の寺院。近世の松前城下に所在。文化(180418)頃の松前分間絵図によると武家屋敷地に隣接しており、南西方に法華寺がある。護念山と号し、本尊阿弥陀如来。創建は永禄10年(1567)あるいは天正12年(1584)とも伝える。元禄14年(1701)京都知恩院の末寺となった。寛政9年(179710月大松前町からの出火で馬形宮・法華寺などとともに類焼。文政10年(1827122日には当寺から出火して全焼した。明治6年(1873)福山・檜山漁民騒動といわれる減税要求の漁民一揆が江差・松前地域に起きた際、浄土宗の光善こうぜん寺とともにその結集の場となった。

(59-8)「被下候もの」・・下され物。頂戴物。拝領品。たまわりもの。くだされ。

(59-9)「取調子(とりじょうし)」・・取調べ書。

(60-枠外上)「捨札(すてふだ)」・・近世、重罪人の処刑前後、その氏名・年齢および科書といわれる罪状を板に記し、広く民衆への見せしめのため、三十日間街頭に掲げた高札の一種。鋸挽・火焙・磔・獄門などの執行時は必ず建てられた。『御定書百箇条』に「磔(中略)科書之捨札建之」とある。江戸での火焙には捨札が日本橋・筋違橋・赤坂御門・両国橋・四谷御門の五ヵ所に建てられ、これを五ヵ所引廻と呼び、引廻の際、先頭を歩む非人が捨札をかかげ持った。罪状公示の外にも、通達文書が書かれた場合もある。

 11文字の縦書き・・日本語は漢文に倣い、文字を上から下へ、また行を右から左へと進めて表記を行うものである。漢字と仮名は縦書きを前提とした筆順。扁額や石碑の題字などは一見すると右横書きのように見えるが、これらは「11文字の縦書き」、つまり縦書きの規範で書かれたものであって右横書きではない。日本で出版物に左横書きが現れるのは、18世紀後半に蘭学が紹介されてからのこと。

  ◎「昔は右横書き、戦後左書き」という説明は正確ではない。

◎戦後、GHQによるローマ字採用勧告や漢字の廃止運動など、西欧の記法に倣う左横書きが革新的、「11文字の縦書き」は保守的、というイメージは決定的なものとなり、「11文字の縦書き」は衰退の一途をたどることとなった。

◎戦前は11文字右縦書きだったが、戦後左横書きになった

(60-1)<くずし字>「当四月廿日」・・「四」が細長く横につぶれている。「月」のくずしは「有」のくずしに似ている場合がある。

(60-1)「宮哥村(みやのうたむら)」・・現松前郡福島町字宮歌。近世から明治39年(1906)まで存続した村。近世は東在の一村で、宮歌みやうた川の流域に位置し、北方は白符しらふ村、東は津軽海峡。

(60-7)「歳齢(さいれい)」・・年齢、よわい、としごろ。

(60-8)「候半(そうらわん・そうろうは)」・・「そうらはん」は、推量で「もし~なら」

 また、「半」を変体仮名「は」と見て、「候は」と読む例もある。

(61-8)「大沢村(おおさわむら)」・・現松前町字大沢。近世から明治2年(1869)まで存続した村。近世は東在城下付の一村で、大沢川河口域に位置する。

(62-2)「受書(うけがき・うけしょ)」・・請書。依頼や命令に対し、それを承知した旨を書いた文書。承諾書。

(62-2)「印形(いんぎょう)」・・文書などの上に押した印。

(62-4)「奥印(おくいん)」・・江戸時代、文書または帳面の奥に、その文書・帳面の記載の真実または適法であることを証明するために捺した印。奥判ともいう。江戸時代、村々の勘定帳に、総百姓の印をとるほか、名主組頭にも奥印させたごときは、その記載の真実であることを証明させたものであり、質地証文に、名主の加印(ふつう奥印の形式でなされる)を必要としたのは、その質地契約が適法であることを証明させるためであった。同じ目的で、文書の裏に加印する場合には、裏印または裏判と呼んだ。

(62-5)「松前内蔵(まつまえ・くら」・・松前藩の家老・松前広当(ひろまさ)。なお、「内臓(くら)」は、官名で、「内臓寮(くらりょう)」の略。内臓寮は、江戸時代、文書または帳面の奥に、その文書・帳面の記載の真実または適法であることを証明するために捺した印。奥判ともいう。江戸時代、村々の勘定帳に、総百姓の印をとるほか、名主組頭にも奥印させたごときは、その記載の真実であることを証明させたものであり、質地証文に、名主の加印(ふつう奥印の形式でなされる)を必要としたのは、その質地契約が適法であることを証明させるためであった。同じ目的で、文書の裏に加印する場合には、裏印または裏判と呼んだ。

(62-6)「恐悦(きょうえつ)」・・目上の人の喜ばしい出来事を、自分も喜ぶという気持を表わす語。

(62-7)「詰木石町(つみきいしちょう)」・・現檜山郡江差町字愛宕町。近世から明治33年(1900)まで存続した町。緒木石(しみきいし)町(罕有日記)とも記される。海岸沿いの道に沿う縦街十町の一(「蝦夷日誌」二編)。もと詰木石村であったが、町場が形成されて改称された。九艘川くそうがわ町・豊部内とよべない町の北、豊部内川の河口部の北岸に位置する。

(62-8)「陰ノ町」・・影ノ町。江差港津花の後背海岸段丘(山の上)に位置する。地名の由来は、切石町の裏通りであることから発生した「影の町」によるとも、色町・日陰の町によるともいわれる。通称喜楽町ともよばれ、遊里でもあった。

(62-9)「細界太作士」・・文化四年松前藩家臣名簿(「近藤家文書」)に「中書院、儀左衛門忰」とある。

(63-2)「横死(おいし)」・・殺害されたり、不慮の災難にあったりして死ぬこと。天命を全うしないで死ぬこと。不慮の死。非業の死。

(63-4)「正覚院(しょうがくいん)」・・現檜山郡江差町字本町にある曹洞宗寺院。山号嶽浄山、本尊釈迦如来。「福山秘府」に寛永8年(1631)建立、元禄2年(1689)江差村に移転とある。もと江良町村(現松前町)にあった泉龍寺境内に造立されていたが、松前法幢寺三世の良天が寛永8年江差中歌町に移し、頭陀山正覚院と称したという(嶽浄峯開闢暦住旧記・正覚院史)。元禄2年明石文左衛門が周辺の山谷を開いて伽藍を建立し、翌3年嶽浄山正覚院と公称した。

(63-3)「本寺(ほんじ)」・・本山。末寺を統轄する寺。

(63-5)「法幢寺(ほうとうじ)」・・現松前町字松城にある曹洞宗の寺院。近世の松前城下寺てら町に所在。文化(180318)頃の松前分間絵図によると寺町の西側に位置し、北は宗円寺、東は法源寺、南は光善寺と龍雲寺。曹洞宗、大洞山と号し、本尊釈迦如来。延徳2年(1490)大館に開創され、永正10年(1513)蠣崎義広が祖先追福のため若狭出身の宗源を開山に寺宇を建立(寺院沿革誌)。天文15年(1546)蠣崎季広がアイヌの襲撃により破壊されていた当寺を再建して以降蠣崎氏の菩提寺となったという。

(64-4)「上金(あげきん)」・・江戸時代、幕府、諸大名への献納金の一つ。「御用金」が富豪層を対象としたのに対し、一般庶民からの献金をいう。

(64-5)「時服(じふく)」・・朝廷や将軍などから、毎年春、秋または夏、冬の二季に臣下に賜わった衣服。

(64-6)「氏家唯右衛門」・・松前藩町奉行。天保2(1831)年没。

(64-7)「祐筆(ゆうひつ)」・・右筆とも。武家社会に多く見られる職務。文書・記録の執筆・作成にあたる常置の職。鎌倉幕府の引付(ひきつけ)の右筆、江戸幕府の奥右筆・表右筆など。武将の家などにも見られる。

  *「祐」も「右」も助ける意味を表す。