森勇二のブログ(古文書学習を中心に)

私は、近世史を学んでいます。古文書解読にも取り組んでいます。いろいろ学んだことをアップしたい思います。このブログは、主として、私が事務局を担当している札幌歴史懇話会の参加者の古文書学習の参考にすることが目的の一つです。

札幌歴史懇話会(古文書解読学習会)

9月例会は、予定通り実施します。

地震、大丈夫でしたか。
エルプラザが明日、9日から通常通り営業します。
したがいまして、札幌歴史懇話会の9月例会は、9月10日(月)13:00から予定通り実施します。

よろしくお願いします。

古文書解読学習会のご案内

札幌歴史懇話会主催

私たち、札幌歴史懇話会では、古文書の解読・学習と、関連する歴史的背景も学んでいます。約100名の参加者が楽しく学習しています。古文書を学びたい方、歴史を学びたい方、気軽においでください。くずし字、変体仮名など、古文書の基礎をはじめ、北海道の歴史や地理、民俗などを、月1回学習しています。

初心者には、親切に対応します。

参加費月350円です。まずは、見学においでください。初回参加者・見学者は資料代600円をお願します。おいでくださる方は、資料を準備する都合がありますので、事前に事務局(森)へ連絡ください。

◎日時:2018年4月9日(月)13時~16時   

◎会場:エルプラザ4階大研修室(札幌駅北口 中央区北8西3

◎現在の学習内容

①『町吟味役中日記』・・天保年間の松前藩の町吟味役・奥平勝馬の勤務日記。当時の松前市中と近在の庶民の様子がうかがえて興味深い。

②『蝦夷嶋巡行記』・・寛政10年、幕府の蝦夷地調査隊に参加した幕吏の記録。

  

事務局:森勇二 電話090-8371-8473  moriyuzi@fd6.so-net.ne.jp

札幌歴史懇話会10周年記念 講演会のご案内

札幌歴史懇話会10周年記念

講  演  会

史談・松前藩政下の「町」と「村」のアポリア(難問)!?に向き合う

『松前町年寄日記』を読み解いていた頃

 『松前町史』の編纂にかかわり、北海道近世史研究の重鎮である鈴江英一先生が、松前藩の城下と近郊の様子と藩政について、縦横に語ります。

◎講師:鈴江英一氏

<略歴>

1939年札幌市生まれ。

北海道立文書館勤務を経て、国文学研究資料館史料館教授・史料館長、北海道教育大学教授(札幌校)を歴任。

現在 北海道史研究協議会常任幹事、古文書学会評議員(副会長)、札幌市公文書管理審議会委員(副会長)

<主な著書>

・『松前町史』史料編1-4巻、通説編第1巻上・下(共編、松前町、197488年)

・『北海道町村制度史の研究』(北海道大学図書刊行会、1985年)

・『開拓使文書の森へ -近代史料の発生、様式、機能-』(北海道出版企画センター、2005年)

         

◎日時:201711月13日(月)1330分~15時   

◎会場:エルプラザ4階大研修室(札幌駅北口 中央区北8西3

◎参加費:無料

◎事前に申し込みください。事務局森勇二(4090-8371-8473)

古文書解読学習会

札幌歴史懇話会主催

私たち、札幌歴史懇話会では、古文書の解読・学習と、関連する歴史的背景も学

んでいます。約100名の参加者が楽しく学習しています。古文書を学びたい

方、歴史を学びたい方、気軽においでください。くずし字、変体仮名など、古文

書の基礎をはじめ、北海道の歴史や地理、民俗などを、月1回学習しています。

初心者には、親切に対応します。

参加費月350円です。まずは、見学においでください。初回参加者・見学者は資料代600円をお願します。おいでくださる方は、資料を準備する都合がありますので、事前に事務局(森)へ連絡ください。

◎日時:201711月13日(月)13時~16時   

◎会場:エルプラザ4階大研修室(札幌駅北口 中央区北8西3

現在の学習内容

     『町吟味役中日記』・・天保年間の松前藩の町吟味役・奥平勝馬の勤務日記。当時の松前市中と近在の庶民の様子がうかがえて興味深い。

     『蝦夷錦』・・文化丁卯事件の公文書を収録。不正確な情報とデマの流行に当時の狼狽ぶりがよく表れています。

事務局:森勇二 電話090-8371-8473  moriyuzi@fd6.so-net.ne.jp


古文書解読学習会のご案内

           札幌歴史懇話会主催 古文書解読学習会

私たち、札幌歴史懇話会では、古文書の解読・学習と、関連する歴史的背景も学んでいます。約100名の参加者が楽しく学習しています。古文書を学びたい方、歴史を学びたい方、気軽においでください。くずし字、変体仮名など、古文書の基礎をはじめ、北海道の歴史や地理、民俗などを、月1回(第2月曜)学習しています。初心者には、親切に対応します。参加費月350円です。まずは、見学においでください。初回参加者・見学者は資料代600円をお願いします。おいでくださる方は、資料を準備する都合がありますので、事前に事務局(森)へ連絡ください。

◎日時:2017年5月8日(月)13時~16時

◎会場:エルプラザ4階大研修室(札幌駅北口 中央区北8西3


◎現在の学習内容

 ①『町吟味役中日記』・・天保年間の松前藩の町吟味役・奥平勝馬の勤務日記。当時の松前市中と近在の庶民の様子がうかがえて興味深い。
②『蝦夷錦』・・文化丁卯事件の公文書を収録。不正確な情報とデマの流行に当時の狼狽ぶりがよく表れています。

古文書解読学習会のご案内

           札幌歴史懇話会主催 古文書解読学習会

私たち、札幌歴史懇話会では、古文書の解読・学習と、関連する歴史的背景も学んでいます。約100名の参加者が楽しく学習しています。古文書を学びたい方、歴史を学びたい方、気軽においでください。くずし字、変体仮名など、古文書の基礎をはじめ、北海道の歴史や地理、民俗などを、月1回(第2月曜)学習しています。初心者には、親切に対応します。参加費月350円です。まずは、見学においでください。初回参加者・見学者は資料代600円をお願いします。おいでくださる方は、資料を準備する都合がありますので、事前に事務局(森)へ連絡ください。

◎日時:2017年4月10日(月)13時~16時

◎会場:エルプラザ4階大研修室(札幌駅北口 中央区北8西3

◎現在の学習内容

①『町吟味役中日記』・・天保年間の松前藩の町吟味役・奥平勝馬の勤務日記。当時の松前市中と近在の庶民の様子がうかがえて興味深い。
②『蝦夷錦』・・文化丁卯事件の公文書を収録。不正確な情報とデマの流行に当時の狼狽ぶりがよく表れています。

古文書解読学習会のご案内

              札幌歴史懇話会主催

私たち、札幌歴史懇話会では、古文書の解読・学習と、関連する歴史的背景も学んでいます。約100名の参加者が楽しく学習しています。古文書を学びたい方、歴史を学びたい方、気軽においでください。くずし字、変体仮名など、古文書の基礎をはじめ、北海道の歴史や地理、民俗などを、月1回(第2月曜)学習しています。初心者には、親切に対応します。

参加費月350円です。まずは、見学においでください。初回参加者・見学者は資料代60

0円をお願します。おいでくださる方は、資料を準備する都合がありますので、事前に事務

局(森)へ連絡ください。

◎日時:2016年1114日(月)13時~16時

◎会場:エルプラザ4階大研修室(札幌駅北口 中央区北8西3

◎現在の学習内容

①『町吟味役中日記』・・天保年間の松前藩の町吟味役・奥平勝馬の勤務日記。当時の松前市中と近在の庶民の様子がうかがえて興味深い。

②『魯夷樺太島江渡来始末書』・・安政元年(1864)、カラフトに国境見込地の調査と蝦夷地状況の視察に派遣された幕吏間宮鉄次郎などの諸復命書。

代表:深畑勝広  

事務局:森勇二 電話090-8371-8473  moriyuzi@fd6.so-net.ne.jp

 

古文書解読学習会のご案内

              札幌歴史懇話会主催
古文書解読学習会のご案内

私たち、札幌歴史懇話会では、古文書の解読・学習と、関連する歴史的背景も学んでいます。約100名の参加者が楽しく学習しています。古文書を学びたい方、歴史を学びたい方、気軽においでください。くずし字、変体仮名など、古文書の基礎をはじめ、北海道の歴史や地理、民俗などを、月1回(第2月曜)学習しています。初心者には、親切に対応します。

参加費月350円です。まずは、見学においでください。初回参加者・見学者は資料代60

0円をお願します。おいでくださる方は、資料を準備する都合がありますので、事前に事務

局(森)へ連絡ください。

◎日時:2016年103日(月)13時~16時

◎会場:エルプラザ4階大研修室(札幌駅北口 中央区北8西3

◎現在の学習内容

①『町吟味役中日記』・・天保年間の松前藩の町吟味役・奥平勝馬の勤務日記。当時の松前市中と近在の庶民の様子がうかがえて興味深い。

②『魯夷樺太島江渡来始末書』・・安政元年(1864)、カラフトに国境見込地の調査と蝦夷地状況の視察に派遣された幕吏間宮鉄次郎などの諸復命書。

代表:深畑勝広  

事務局:森勇二 電話090-8371-8473  moriyuzi@fd6.so-net.ne.jp

 

古文書解読学習会のご案内

              札幌歴史懇話会主催

私たち、札幌歴史懇話会では、古文書の解読・学習と、関連する歴史的背景も学んでいます。約100名の参加者が楽しく学習しています。古文書を学びたい方、歴史を学びたい方、気軽においでください。くずし字、変体仮名など、古文書の基礎をはじめ、北海道の歴史や地理、民俗などを、月1回(第2月曜)学習しています。初心者には、親切に対応します。参加費月350円です。まずは、見学においでください。初回参加者・見学者は資料代600円をお願します。おいでくださる方は、資料を準備する都合がありますので、事前に事務局(森)へ連絡ください。

◎日時:2016年912日(月)13時~16時

◎会場:エルプラザ4階大研修室(札幌駅北口 中央区北8西3

◎現在の学習内容

①『町吟味役中日記』・・天保年間の松前藩の町吟味役・奥平勝馬の勤務日記。当時の松前市中と近在の庶民の様子がうかがえて興味深い。

②『魯夷樺太島江渡来始末書』・・安政元年(1864)、カラフトに国境見込地の調査と蝦夷地状況の視察に派遣された幕吏間宮鉄次郎などの諸復命書。

代表:深畑勝広  

事務局:森勇二 電話090-8371-8473  moriyuzi@fd6.so-net.ne.jp

 

『蝦夷日記 下』発行

田端宏監修 札幌歴史懇話会刊 

古文書解読選第五集『蝦夷日記 下』発行

定価2200円(送料360円)

 

札幌歴史懇話会では、このたび、『蝦夷日記 下』を刊行しました。

本書は、嘉永七年目付堀利煕、勘定吟味役村垣与三郎の蝦夷地巡検に随行したものの道中日記です。

上巻は、松前から樺太まででしたが、下巻は帰路オホーツク沿岸、東蝦夷地を経由して箱館帰着までの紀行文です。

影印と解読文が見開きになり、古文書学習に適していると思います。

記述にかんする注記にもページを割いて、当時の事情や地名について詳細に、述べています。

ぜひ、購入くださいますよう、ご案内します。

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

drecom_moriyuzi

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ